情報商材に特典は必要? ビジネスモデルとスタンス
geralt / Pixabay

ともちです。

ネットビジネス関連の情報提供をしている私の、

ビジネスモデルスタンスについて、整理したいと思います。

 

私のビジネスモデルについて

現役ウェブプロデューサーの知見を生かし、

ネットビジネスについての情報提供をしながら、

特にアフィリエイトについて、

良い教材やツールがリリースされたらそれを紹介する。

これが私のビジネスモデルです。

 

巷には、

リリースされた教材・ツールや無料オファーを手当たり次第情報発信

といった手法をとっている情報商材アフィリエイターが比較的多いです。

 

その方が圧倒的にラクなんですが、

ウェブのプロフェッショナルを自負している自分としては、

それだけはやりたくないと考えているわけです。

 

メルマガメンバーは数千人いるので、

無料オファーをバンバンメルマガで配信すれば、

結構稼げるんでしょうけどね。

 

有料であれ無料であれ、本当に価値のあるノウハウを求めているのは、

ネットビジネスに取り組んでいる人の共通の思いだと考えているからです。

 

情報商材の特典について

情報商材の販売時に、大量の購入特典をつけて差別化する

アフィリエイターがいます。

この販売方法についても、私は少々懐疑的です。

 

そもそも特典で補足しないと使えない教材というのは、

おすすめするべきではないというのが基本的な考えだからです。

 

それに、私も特典付きの教材を購入したことがありますが、

ほとんど参考になったことがないということもあります。

 

なので、私の教材レビューサイト

http;//tomochi.biz/

こちらでも、購入者共通特典として、

教材をダウンロードし放題の会員サイトの利用権

を付けていますが、教材個別の特典はほとんどつけていません。

 

楽していると思われるのもなんなので、

Amazonのギフトカードをプレゼントしてますけどね。

 

コンサルの重要性について

教材の販売時にほとんど特典を準備しないスタンスの私ですが、

重視しているのが、個別コンサルです。

 

大げさなものではなくて、質問をいただいて回答するというものです。

これが一番効果的なんです。

 

どうしてもノウハウ情報は販売者サイドから一方通行になります。

 

教材を実践する人も、経験のある人からパソコンの操作も怪しい人まで

ネットリテラシーは人それぞれです

 

おまけに、ネットビジネスにかけられる時間も人によってまちまちです。

同じ教材でも、効果的な取り組み方は人それぞれなんです。

 

実際、1日何十本と質問メールをもらうような時は、

回答するのがしんどいなと思う時もあります。

(私は一応副業でネットビジネスをしていますので)

 

でも、よっぽどのことがない限り、24時間以内に回答しています

それぐらいのレスポンスでないと、質問者の作業に影響しますからね。

 

今後の方針について

私のメルマガメンバーからは、

「質問に回答する」というスタイルは、概ね好評です。

 

提案などがあれば、変えていくつもりはありますけど、

当面はこのスタイルで行こうと思ってます。

興味があれば、メルマガ登録してくださいね。

 

ともちでした。

おすすめの記事