アフィリエイト教材の返金保証の狙いと罠
niekverlaan / Pixabay

 

ともちです。

 

アフィリエイト商材の中で、特に情報商材というのは、

商品自体がPDFだったり動画だったりと、形がありません。

 

そのため、

買って中身を見てみないと価値を判断できない

という典型的な商材です。

 

そうなると当然、販売するのが難しい。

 

それはアフィリエイトの観点でも同様です。

情報商材アフィリがある意味アフィリエイトの世界の頂点

といっても過言ではありません。

 

で、情報商材の販売サイトでは、少しでも売れるように

色々な工夫をするわけですが、その中でも良く見るのが、

返金保証

です。

 

つまり、情報商材を購入して、その結果、

成果が上がらなかったら、商品代金をお返しします

という仕掛けです。

 

これ、初心者相手には、ものすごく効きます

 

情報商材を買うという行為にそもそも抵抗があるわけですから、

ダメでも返金してもらえるというのは、心強いですね。

 

あと、販売側も商品に自信があるとも考えられますから、

商品の信頼性も向上するわけです。

 

でも、ここであえて否定的な話をしてしまうと、

返金保証の有無を購入の判断の中心にするべきではない。

というのが私の考えです。

 

例えば、

「半年以内に◯◯円以上稼げなかったら商品代金をお返しします」

という保証内容があったとしましょう。

 

この◯◯円というのは教材費ですから、2-5万ぐらいです。

 

ちゃんとやっていれば、その条件はクリアしているはずです。

どんなにやり方がまずくても、それぐらい稼げます

 

じゃあ、その◯◯円に満たない人というのは、どんな人なのか?

これはいうまでもなく、挫折した人です。

返金保証のことも忘れてしまっています

 

どう転がっても、たいして返金する必要はない

ということなんですね。

 

なので、返金保証はあればあったほうがいいですが、

それだけで教材の内容がいいと判断してはダメなんです。

 

私のアフィリエイト教材のレビューサイトでは、返金保証についても

多少は触れていますけど、ほとんど二の次のような扱いをしています。

だって、

元を取れるかという意識レベルで取り組むなら、やらないほうがマシ

だと思っているので。

 

どんな教材が自分には向いているのか、良くわからないという人は、

気軽にお問い合わせください。

 

その時に、アフィリエイトの経験や、どれぐらいの時間を使えるのかなど、

状況を詳しく教えてもらえると、的確なアドバイスができると思いますよ。

 

ともちでした。

おすすめの記事