アフィリエイト業界の実態と収入の嘘を暴露します!
geralt / Pixabay

アフィリエイトはとてもグレーな世界

アフィリエイト」という単語から、どんなイメージが浮かびますか?

一攫千金とかネオヒルズ族とか、そんなイメージを持つ人が多いんでしょうか。

 

私の場合、アフィリエイトというものを知ったのが、ウェブプロデュースの仕事を始めたあとだったので、あくまで、広告展開の手法の一つぐらいの認識で捉えていました。

 

ただ、実際にアフィリエイターの立場になったあとは「なんだかグレーな世界だな〜」というのが実際の感想です。

 

そもそも、アフィリエイトのPDF教材が数万円とか、一般的な書籍と比べたら、とんでもなく高く感じます。

たまに5千円ぐらいの教材がリリースされたら「安い!」と言って販売しているわけですから、知らない人からしたら、全く理解できない世界ですよね。

 

でも、その教材を使うと、元を取るどころか、何倍もの報酬になって返ってくる

この感覚は、本当にしびれます

 

アフィリエイトの業界はそんな感じで、金銭感覚が少し麻痺している面があります。

アフィリエイトの世界は悪者が多い?

あと、悪意の販売者の割合が多い気がします。

 

ハッタリがものを言う世界でもあるので、騙される方が悪いという自己責任のシビアさはとんでもないです。

数万円で販売した教材によって、結果的に稼げたかどうかの責任は販売者にはないわけですが、正直、あまり誇れる体質ではないですね。

そんなことで、アフィリエイターの95%は5000円/月も稼げていないという現象が起きるわけです。

アフィリエイトは稼げない?

アフィリエイターの95%は5000円/月も稼げていない

この記事を読んでいる人が、95%に分類されるのか、5%に分類されるのか。

 

少なくとも5%に含まれている私の考えは、

「稼げない人にはそれなりの理由がある」

というもの。

 

もちろんすべての人に当てはまるわけではありませんが、

「ちゃんとやれば稼げるのに、やらないで文句ばっかり言っている子供みたいな人が世の中には多いなー」

というのはつくづく感じます。

 

だいたい、リアルな仕事でフルタイムで1ヶ月間働いたら、15-20万ぐらいなんとか稼げますよね。

アフィリエイトは、何時間作業したらいくらというものではないですけど、アルバイト程度すら稼げないなんて、あり得ないわけです。

  • 作業時間が根本的に足りていない
  • やり方が自己流で全く的を射ていない
  • 教材などで教わったやり方を信じない
  • そもそも情報を集めようとしない
  • 決定的に知識が足りていない

挙げだすといろいろなタイプの人がいるわけですが、どれかに当てはまるようだと要注意です。

 

  • 評判のいい教材を導入する
  • 必要に応じてツール類も活用する
  • わからなければ販売者や紹介者などに質問して解決する
  • しっかり作業時間を確保する

など、きちんとアフィリエイトに取り組めば、すぐにとは言わないですけどそのうちちゃんと稼げるようになります。

信じるか疑うかは本人次第ですけど、ハナから稼げないと思い込んでいる人は、人生損しているなーと思いますね。

ともちでした。

おすすめの記事