ともちです。

詐欺教材というのは、

 

  • きちんと実践をしても稼げないものや、
  • 後で高額のバックエンドを売りつけるもの

 

だと私はとらえています。

 

情報商材は、事前に内容を確認できないところが、

立ち読みできる本との大きな違いですね。

 

購入する前に、何を参考にするかといえば、

販売者のセールスページとアフィリエイターのレビューしかありません。

 

だから、詐欺商材を掴まないためには、情報の収集と分析の能力が必要です。

大体、情報商材のセールスページには、ノウハウの肝の部分は

書いてないことが多いですけど、それでも丁寧に読んでいけば、

 

  • どういう媒体を使って
  • どこにキャッシュポイントを置くのか

 

わかるようになっているものです。

 

それがよくわからない上に、耳障りのいいことばかり書いているものは、

普通に考えて疑ってかかった方がいいです。

 

  • ほったらかしで儲かるとか、
  • 誰でもできるとか、

 

報酬の画像なんて、いくらでも加工できますし、

実践者の声だって本当かどうか、確かめるすべはありませんからね。

 

あと、確実に言えることは、過去に詐欺商材を売った前科のある販売者は、

二度三度と同じことをするってことです。

今販売中の商品についての情報がなくても、過去は調べられますから、

販売者名でも検索してみるといいです。

 

私は、ポジティブでもネガティブでも、レビューページには

販売者の情報を載せるようにしています。

私がおすすめしている教材類でも、興味があれば是非調べてみてくださいね。

 

アフィリエイターの中には、ひどい商材だとわかっていても、

報酬が高ければ良い教材だと持ち上げるレビューを書く輩もいて、

判断に困ります。

 

とにかく、信頼できるアフィリエイターがすすめる教材を選ぶべきですよ。

 

私が信頼するに足る人間かどうかは、記事の内容などでご判断いただくとして、

私のおすすめの教材とツールは、レビューとは別に一覧にしていますので、

一度見ていってください。

 

おすすめアフィリエイト教材

おすすめアフィリエイトツール

 

ともちでした。

 

ともちへの質問や問い合わせはお気軽にどうぞ。

基本的にすべてのメールに返信します。

お問い合わせフォームはこちら

 

banner_ml

おすすめの記事