投資系教材を勧めない理由
geralt / Pixabay

アフィリエイトの種類について

私は、アフィリエイトの教材やツールを中心にブログで紹介して、

アフィリエイトをして手数料を得ています。

これは、ウェブプロデューサーという本業との関連が強いことから、

より得意なステージで活動できるということが一番の理由です。

 

一般的にアフィリエイト教材は「稼ぐ系」カテゴリに属しています。

「稼ぐ系」には他に、転売・せどり系投資系などがあります。

要は、「稼ぐ方法をレクチャーして稼ぐ」のが「稼ぐ系」です。

 

「転売・せどり系」については、たまに教材を紹介することはあります。

もっとも、無料でツールがもらえるときなど、お得感を感じたときぐらいです。

 

「投資系」については、基本的に取り扱わないことにしています。

アフィリエイト報酬も高いものが多いので魅力的なんですが、

手を出さないのには理由があります。

投資とアフィリエイトの違い

実際、「アフィリエイト」「転売・せどり」「投資」というのは、

比較されることが多いです。

ブログの読者の方や、メルマガ会員の方からも、質問を受けたりします。

「FXや株式投資のほうがアフィリエイトよりも早く稼げるのでは?」など。

 

でもこれは、根本的な認識が抜けているんですね。

「アフィリエイトや転売せどりは事業」

「投資はあくまで投資」

だということです。

つまり、事業とギャンブルを一緒にしてはいけないということです。

投資とアフィリエイトの稼ぎの具体例

たとえば、

  • アフィリエイトで稼いだ100万円
  • 投資で稼いだ100万円

お金に色は付いてませんので同じ100万円ですが、その意味は異なります。

  • アフィリエイトで稼いだ100万円はノンリスクで得た100万円
  • 投資で稼いだ100万円はリスクを負って得た100万円

なんです。

 

アフィリエイトがもしうまくいかなかったとしても、

収入が0になるだけで負債を負うことはありません。

(若干の経費は除きますが)

投資はうまくいかなかったら、収入が0どころか、

マイナスになることはザラにあるわけです。

投資系教材を紹介するために必要な心構え

別に投資系の教材を全否定しているわけではないです。

 

むしろ、投資の素人なら、何らかのノウハウに乗ったほうが、

稼げる可能性はぐっと高まると思います。

 

それでも私が投資系教材をおすすめしないのは、

教材費以上の損失に対して保証するすべがないからです。

 

アフィリエイト教材を紹介して、どうしようもないものだったとして、

最悪、保証しろと言われても教材費以上の金額は発生しないでしょう。

 

でも、投資で被る損害額というのは、はっきり言って想像もつかないです。

 

もちろん、アフィリエイターの私が元金保証をする必要はありませんし、

アフィリエイト教材だろうが投資系教材だろうが、購入者の自己責任です。

でも、紹介した人がとんでもない損害を受けてしまったら、

こちらも気分が悪いですよね。。

 

投資系商材を紹介するには、

  • 教材に絶対的な自信を持てるだけの知識
  • 批判に負けない強靭なメンタル

のどちらかは必要です。

 

私はどちらも持ち合わせていないので、投資系教材は紹介しません。

それでも投資系教材をアフィリエイトする人へのアドバイス

とにかく、ユーザーを騙さないでください。

被害額が半端ないですし、情報商材業界自体の評判がさらに低下します。

あとは、必ず紹介者自身で教材を実践してください。

納得性のあるノウハウだけを取り扱ってください。

 

ともちでした。

おすすめの記事