配偶者控除廃止はネット副業にとって追い風!

ともちです。

今回は、税金の話。

ネット副業の収入は立派な事業所得なので、

知識は身につけましょうね。

 

年収103万円の壁と130万円の壁。

お勤めの方は聞いたことがあると思います。

細かいことは省きますけど、

共働きの家庭で給料の少ない方、多くは奥様の方になるかと思いますが、

パートなどの給料を調整して、年間103万円や130万円におさえておくと、

配偶者控除という仕組みで税金額の面でお得というものです。

 

逆に中途半端に稼ぎすぎると、税金をとられて損してしまうんですね。

近々、この配偶者控除が廃止されるそうです。

これがネット副業に取り組んでいる人に、どんな影響が出るのか考えてみました。

 

実際に作業をする人が夫婦どちらでも、小遣い程度の収入であれば、

扶養を維持しつつ奥様の収入にするケースが多いのではないでしょうか。

 

配偶者控除がなくなれば、100万円台のゆがみがなくなるので、

本格的に事業展開可能です。

 

もう少し規模が大きいケースになりますが、節税策の一環で、

奥様を従業員として給料を支払うケースを考えても、

この縛りがなくなると、より大きな額を経費計上することができます。

 

経費が増やせるということは、利益を表面上減らせるということなので、

納税額が減ります。

 

つまり、キャッシュが手元に残るということです。

 

もちろん、保険や年金の関係もあるので、

そんな単純な話でもないのですが、基本的に追い風です。

 

配偶者をビジネスパートナーとして、より規模を求めていく。

事業を展開する方法としては健全ですね。

 

なにか続報があれば、ブログやメールで共有しますね。

 

ともちでした。

 

ともちへの質問や問い合わせはお気軽にどうぞ。

基本的にすべてのメールに返信します。

お問い合わせフォームはこちら

 

banner_ml

おすすめの記事