アフィリエイトサイト構築にワードプレス以外の選択肢はありか?

ともちです。

アフィリエイトの手法の中で、もっとも一般的なのは、

ブログアフィリエイト

これは間違いない事実です。

 

もちろん、ブログ以外に有効な媒体もあります。

メールマガジン

SNS(Twitter、Facebook、Line等)

YouTube

など。

 

これからもいろいろな媒体が登場するでしょうが、

ブログは今後も(多少は形を変えつつも)残っていくでしょう。

 

ブログの種類

ブログと一括りに言っても、様々な違いがあります。

 

まずは、無料ブログサービスか、独自ドメインか。

 

ブログ用のスペースを無料で借りて、そのサービスのドメイン内で

ブログを構成する無料ブログサービスは、その手軽さもあり、

アフィリエイトを始めるにはうってつけです。

 

ただし、クリック課金型のGoogleAdsenseのアカウント取得が

できなくなったこともあり、最近ははじめから独自ドメインブログを

構築することが増えてきています。

 

 

次に、ツールの違い。

 

これは、独自ドメインブログの作り方の違いになりますが、

一般的にはワードプレス(WordPress)を使うことが圧倒的に多いです。

 

以前は、MovableType(通称MT)を使うこともあったのですが、

世界的にシェアを落としていることもあり、最近ではあまり見かけません。

※企業向けのCMS(コンテンツマネジメントシステム)として使われる傾向です。

 

ワードプレス(WordPress)の特長

ブログツールの中でワードプレスのシェアが高い理由は、

なんと言っても、無料で使えるという点が大きいです。

※MovableTypeなどは、個人利用は無料ですが、商用になると有料になります。

 

アフィリエイトブログは完全に商用で作られるものなので、

無料というのはメリットが大きいです。

 

さらに、主要なレンタルサーバでは「簡単インストール」というような名前で、

管理画面からワンクリックでインストールができるようになっていたりします。

 

プログラムソースを一切見ることなく準備ができるわけです。

 

また、利用者が多いことから、テーマ(テンプレート)やプラグインも

多く用意されているので、デザインや機能を好きなように設定できる

というところも人気の一つです。

 

ワードプレス(WordPress)のマイナスポイント

ワードプレスは多機能で好きなようにブログを作ることができる

これは間違いのないところなのですが、逆に言えば、

なんでもできるために、自分は使わない機能が多い

とも言えます。

 

贅沢な話なのですが、はじめにブログの型を決めてしまったら、

使わない機能がたくさんできてしまうわけです。

 

アフィリエイトブログは記事を更新して広告リンクを設定する

というのが運用時の基本出来な作業になるため、本当は、

必要な機能だけが選択できるツールが一番使いやすいわけです。

 

そうなると、特化型のブログ構築ツールという選択肢も出てきます。

 

特化型ブログ構築ツールとは?

ワードプレスの特化型テーマがいくつかあります。

 

PPC用の「ぺラページ」と呼ばれる1枚もののミニサイトを作るためのテーマ

ペラプレートPRO

 

ランディングページやセールスページを作るために特化したテーマ

カラフル

 

この辺りは、特化型テーマの代表格です。

余計なことを考えずに、ページの制作に集中できます。

 

 

さらには、ワードプレスですらない、サイト構築プログラムの導入

という方法もあります。

 

最近私が「これ使いやすいな!」と感じたツールとして、

YouTubeのまとめサイト構築専用のツール

AYP(Auto YouTubesite Professional)

 

これは、まさに無駄な機能が一切ないため、かなりいいです。

思わずサンプルサイトも作ってしまいました。

スプラトゥーン2 動画まとめ

 

ツールにこだわって、肝心のコンテンツ制作がおろそかになるのは、

本末転倒ではあるのですが、目的に合致しているのであれば、

今回列挙した特化型のツールを検討するのは想像以上に効果的だと思いますよ。

 

ともちでした。

おすすめの記事