PC向けサイトを後から無料でスマートフォン表示に対応させる方法

ともちです。

今、携帯電話ユーザーの大半はスマートフォンユーザーです。

 

電車やカフェなど、時間つぶしをしているような人は、

みんなスマホをぽちぽちしていますね。

 

アフィリエイトサイトのアクセス解析の結果をみても、

サイトの閲覧環境の大半がスマートフォンだったりします。

 

ブログ記事が、PC向けの商品のレビューだったとしても、

そのページの閲覧環境がPCであるとは限りません。

 

どんなページもスマートフォンで閲覧できるというのは、

必須といってもいいです。

 

スマートフォン最適化の方法

サイトをスマートフォン対応するには、大きく分けて3つの方法があります。

 

  1. レスポンシブデザインの採用
  2. スマートフォン専用サイトの作成
  3. コンバーターの導入

 

です。

 

1.レスポンシブデザインの採用

ワードプレスなどにレスポンシブデザインのテンプレートを

適用させるというのが一般的です。

 

アフィリエイトサイトでは、この方法が一般的ですね。

 

賢威カエテンジョイなどのテンプレートは、既にレスポンシブに

対応しているので、テンプレートを適用すれば完了です。

 

2.スマートフォン専用サイトの作成

これは、さらに対応方法が2つにわかれます。

 

無料ブログサービスのように、データベースは1つで、

PC向け、スマートフォン向けにページを出し分けるものと、

PCサイトとは全く別のスマホサイトを作成する方法があります。

 

後者については、手間を考えると現実的ではないですね。

 

3.コンバーターの導入

この記事で紹介しようとしている方法です。

 

PCサイトのデータをプログラムで処理して、

スマホ向けの表示に切り替える方法です。

 

データベースで管理していないサイトをスマートフォンに対応させるのに

最適な方法です。

 

シュット(shutto)の紹介

コンバーターを導入する場合、シュット(shutto)が今一番おすすめです。

 

shutto

 

理由としては、

 

  • 設定操作が簡単
  • 無料で使える

 

という特徴があるからです。

 

管理画面上でPC向けサイトを見ながら、基本的には、

ドラッグ&ドロップでスマホサイトをレイアウトできます。

 

無料版だと広告が表示されるという難点がありますが、

少なくとも、次のサイトリニューアルまでのつなぎとしては

十分に使えるサービスです。

 

本業のお客さんにもおすすめしているサービスです。

シュット(shutto)

 

ともちでした。

 

ともちへの質問や問い合わせはお気軽にどうぞ。

基本的にすべてのメールに返信します。

お問い合わせフォームはこちら

 

banner_ml

おすすめの記事