アフィリエイトサイトを絶滅させようとしているGoogleに勝つ唯一の方法

ともちです。

Googleは昔からアフィリエイトサイトが大嫌いです。

 

理由はいくつかありますが、

 

  • 検索の精度が落ちること
  • 自社広告サービスと競合すること

 

あたりが大きいです。なので、

被リンクを渡すためだけのサテライトサイト

検索順位を上げるためキーワードを詰め込んだページには、

検索結果に表示させないという仕打ちをするわけです。

 

YouTube などは、一昔前の検索エンジン対策がまだ有効で、

キーワードの組み込みがまだきくようですが、

YouTubeもGoogleグループなので、そのうち厳しくなるでしょう。

 

アフィリエイトサイトを運用する側としては、

これからもなかなか苦しいハンドリングが必要なわけです。

 

それで、アフィリエイトに将来はないと嘆いて退場してくれるなら、

それはそれでライバルが減ってありがたい訳ですが、

この記事を読んでくれている皆さんには、そんな考え方はしてほしくないですね。

 

Googleグーグルに勝つ方法

ならば、どうやってGoogleに勝つのか。

その方法を語る前に、大前提を押さえておく必要があります。

Googleは、

 

  • アフィリエイトという行為を否定している訳ではない
  • ユーザーの役に立つコンテンツがほしい

 

という2点です。

 

アフィリエイトサイトは事業として取り組んでいるわけで、

その中で利益を追求するのは当然なんです。

でも、Googleに勝つためには、利益だけを考えるなということです。

 

それぞれのサイト管理者が、自分の能力をめいっぱい出して、

ベネフィット(便益)を提供し、モノやサービスを買ってもらうというのは、

一般的な商活動なので、逆に推奨されている行為です。

お客さんの間違いを正すのもアフィリエイターの務めです。

 

ただ、アフィリエイトは始めるきっかけが、

  • 初心者でも簡単に〇〇万円稼ぐ
  • ほったらかしで××万円稼ぐ

とか、

利益最優先を通り越して顧客不在

という極端な状態の人が多いから、ゴミみたいなサイトを量産しては、

アフィリエイトは稼げないなんてわかったようなことを言うわけです。

まさに商売人失格です。

 

そういった人には、

一度でもユーザーの役に立つコンテンツを提供しようとしたことがありますか?

と言いたいです。

 

キーワード戦略を含めたSEOはもちろん大事なことですが、

多くのユーザーを引っかけるためではなく、適正なユーザーを誘導するため

という観点で取り組むと、成果は後でついてきますよ。

 

Googleの検索を活用してお客さんを呼んできて、

結果として利益を上げることが出来れば、

Googleに勝ったと言えるんじゃないでしょうか。

 

人によって成果が出るまで数ヶ月かかることもあるので、

ぶれずに取り組む根気も必要ですけどね。

 

ともちでした。

おすすめの記事