アフィリエイトに必要な作業環境(機材)とは?
Unsplash / Pixabay

ともちです。

今回は、アフィリエイト活動をするのに必要な作業環境について。

アフィリエイト、特にブログやサイトアフィリエイトを中心に書いていきます。

 

とはいえ、正直それほどいろいろなものをそろえる必要はないんですね。

すくなくとも、特殊なものは必要ないです。

PC(パソコン)

正直、それほどハイスペックなものはいらないです。

Windows7以上が支障なく動いてくれればOKです。

もし新しくパソコンを買うということであれば、重視したほうがいいスペックは、

処理能力(CPU)や記憶容量(HDD、SSD)よりもメモリ容量です。

アフィリエイトの作業は

ブラウザ(インターネットエクスプローラーやFirefoxChromeなど)

ベースの作業になります。

 

最近のブラウザはタブブラウザといって、

大量にウェブページを開いても上部のタブで切り替えできる優れものなんですが、

これが結構メモリを食います。

 

いくらCPUの処理能力が高くても、

メモリが不足すると動きがもっさりするので気分がよくありません。

4GB以上、できれば8GB以上がおすすめです。

 

Macはどんなパソコンを買ったほうが良いか、

見当もつかないという人にはおすすめできません。

WindowsとMacでは、ネット上の情報量が全く違います。

つまり、困ったときにWindowsのほうが問題解決しやすいということです。

MacがWindowsと比べて特に操作が難しいというわけでもありませんし、

最近のインテル製CPUが内蔵されたMacは、Windowsも動かすことができます。

ですから究極はどちらでもいいですけどね。

ネット回線

ネットにつながっていないと、パソコンはただの箱です。

固定回線(光など)が望ましいですけど、

Wimax(ワイマックス)なども、場所によっては使えますね。

いわゆるWiFiルーターは、月々の通信量に制限があるものが多いので、要注意です。

 

あと、PCを光やWifiルーターを合わせて申し込むと本体が割引になることがあります。

ただし、大抵の場合、契約期間の2年間使用すると割高になります。

※情弱を騙す典型的な手法です。

A8などのASPでは、自己アフィリ(セルフバック)が効くサービスも多いので、

確認してみてください。

 

以上が、ハード(機器)で必要なものです。

ソフトウェア

ソフトに関しては、やる手法によってまちまちです。

ツールでおすすめしているのは、このあたりでしょうか。

 

MSR(メインサイトリライター)

記事のリライトツールです。

 

うまく記事が書けない人は、

他人の良い記事を探してきてそれをリライトすると

記事が量産できてはかどります。

 

バナープラスV2

ブログのバナー画像を作成するツールです。

正直、デザインができるアフィリエイターは少ないです。

簡単な操作でデザインができるツールは、とても重宝します。

 

お問い合わせ頂ければ、ご相談にのりますよ。

 

ともちでした。

おすすめの記事