アフィリエイトの入口・出口戦略について考える
HebiFot / Pixabay

ともちです。

この記事を読んでいる人は、

  • すでにアフィリエイトに取り組んでいる
  • まだアフィリエイトに取り組んでいないが、興味はある。
  • 何かの手違いでたどり着いてしまった

のどこかに分類されると思います。

 

これから、

アフィリエイトの始め方(入口)から展開の方法(出口)

について書いていきますので、すでにアフィリエイトをしている人と

興味を持っている人は、ぜひ読んでくださいね。

アフィリエイトの始め方(入口)

まずアフィリエイトの始め方です。ネットリテラシーのレベルを問わず、

初心者向けの教材から始めるのが良いと思います。

アフィリエイト初心者向けの教材とは

アフィリエイトに始めて取り組むという人には、

が向いていると思います。その理由は、

少額でも必ず報酬を得ることができる

という一点に尽きます。

 

どんなアフィリエイト手法でも、はじめの内は、

数千円/月

という報酬額になるがちです。

 

それまでの作業時間で時給計算したら、

全く割に合わない状態で愕然とするかもしれません。

ただ、確実に報酬を得られます

ゼロとイチの違い

アフィリエイトに限らずビジネスの世界で、

収入がゼロ(0)とイチ(1)には大きな違いがあります。

 

下手に制約率の低い商材、例えば情報商材などを扱って、

数ヶ月報酬ゼロ

こんな状態で、モチベーションを維持できる人間はほとんどいません

 

少しずつでも報酬が発生していれば、頑張って続けてみようと

モチベーションが維持できるものです。

 

そういう意味で、とにかく制約率の高い(報酬が発生しやすい)

ノウハウを教材で学ぶべきです。

アフィリエイトの展開方法(出口)

では、初心者向けの教材で報酬を安定して得られるようになったら、

次にどうすれば良いのか。

多くの人が陥る勘違い

このノウハウは稼げているから、そのまま続けていこう

という風に考える人が結構いるのですが、これは間違いです。

 

初心者向けのノウハウ、多くはGoogleアドセンス広告などを利用した

ビジネスモデルは、大抵作業量に比例して報酬が増えます。

 

作業時間の確保や作業の効率化に限界が来れば、収入の伸びが止まります

 

真面目な人ほど、結果の出たノウハウを律儀に維持する傾向がありますが、

そこは思い切って「転換」を考えたほうがいいでしょう。

メディア連携のススメ

「転換」と書きましたが、これまでの作業成果を捨てる必要はありません

 

YouTubeアフィリエイトなら、

ブログやメルマガを組み合わせて、物販や情報商材の販売に結びつけてみる。

トレンドアフィリエイトなら、

YouTubeを取り入れて、別ブログでこれも物販や情報商材を扱ってみる

 

アドセンスだけではなく、成約率は低くても報酬の高い商材を扱うことで、

収入を一気に増やすことができます

 

このような手法を「メディア連携」などと呼んでいます。

 

たくさん稼いでいるアフィリエイターは、

ほぼ全員、複数メディアを連携した仕組みを構築しています。

「自分にはまだ早い」

などと思わずに、考えてみてくださいね。

メディア連携の参考コンテンツ

メディア連携のコンテンツのレビュー記事を書きました。

こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

 

MI:6

 

ともちでした。

おすすめの記事