アフィリエイトの情報商材は詐欺なのか?

そもそも情報商材とはなに?

「情報商材は詐欺ばかり!」

「情報商材にだまされてはいけない!」

アフィリエイトに限らず、

せどり/転売系ビジネス

投資系ビジネス(FX/仮想通貨等)

などについて情報発信しているサイトで頻繁に目にするフレーズです。

 

あなたも、

「情報商材ってなんとなく怪しいな」

と思っている一人かもしれませんね。

 

ちなみに情報商材とは、

主にインターネットなどを介して売買される情報のこと。「情報」の内容自体が商品となるものである。情報商材を販売することを情報販売と呼び、情報商材の販売を職業として始めることを情報起業と呼ぶ。
ウィキペディアより

という説明になります。

 

広い意味で捉えると、AmazonのKindle(キンドル)などで読む電子書籍も「情報商材」にあたるんでしょうが、一般的には、

「こうすれば稼げます」

「こうすれば上手くいきます」

といった「ノウハウ」をまとめた教材を指すことが多いです。

 

電子データで提供されるのが前提ですから、

PDFファイル

動画ファイル

会員サイト内のHTML

を対価払って(購入して)閲覧するのが基本です。

情報商材が詐欺だと言われる理由

電子データによる情報提供自体が「詐欺」だといわれているわけではありません。

稼ぎかたなどの成果を保証できない情報を提供している

同じ分量の書籍よりも一般的に高額である

というところに詐欺あつかいされる要因があります。

要は、

稼げると書いてあるのに稼げない⇒詐欺だ!

一般的な書籍よりも高額⇒詐欺だ!

ということです。

情報商材業界の問題点

私はアフィリエイトの教材やツール類を紹介しています。

ぶっちゃけてしまうと、情報商材業界よりの人間です。

それと同時に、ウェブサイト開発業界の人間でもあります。

 

そんな私の正直な感覚でも、情報商材業界は問題をたくさん抱えていると感じています。

ただ、

稼げると書いてあるのに稼げない情報商材がある

情報商材は書籍よりも高額

という点については、問題だとは考えていません。

詐欺商材を除外する仕組み

詐欺商材を早期に淘汰する仕組み

この仕組みが弱いところに問題があると考えています。

詐欺商材をブロックするしくみはないのか?

詐欺商材の被害者をなくすには、世の中に出さなくすればいい。

これは誰でもわかっていることです。

そのためには、

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)の審査の強化

アフィリエイターのモラルの向上

が必要です。

 

ASPの対応については、大手ではすでに着手されています。

 

インフォトップやアドモールといったASPでは、明らかな詐欺教材は審査ではねられます。

但し、審査を通った情報商材がすべて優良商材というわけでもありません。

 

ASPの審査能力にも限界がありますし、彼らもビジネスでやっているわけで、

ちょっとグレー

ぐらいのものは通してしまっているように感じます。

 

そうなると、アフィリエイターのモラル向上が最後の砦です。

 

情報商材は、セールスページからダイレクトに購入されることはまれです。

売上げのほとんどがアフィリエイトサイト(レビューサイト)からです。

購入者は、セールスページを信用する前に、レビューを信用して購入します。

レビューが不正確だったら、判断軸がゆがんでしまうわけです。

 

アフィリエイターのモラルが大事なのは理解いただけると思います。

ともちのスタンス

情報商材を扱うアフィリエイター(情報発信者)は、他の物販アフィリなどと比べ、

より責任が重いものだと考えています。

 

アフィリエイターである自分を信用して、中身も見えない高額な商材を購入していただくわけですから。

その上で、私が情報商材を進めるうえで決めているマイルールがあります。

・実際に商材の内容をチェックした上でレビューする

・怪しい商材は紹介すらしない

・メールサポートをつける

この3つです。

実際に商材の内容をチェックした上でレビューする

私は、レビュー記事を作成する前に教材やツールをチェックしています。

これ、当たり前のように感じるかもしれませんが、そうでもありません。

 

セールスページを読んだだけでレビューしているサイトがどれだけ多いか。。

 

場合によっては、少しノウハウを実践してチェックしています。

ただ、時間の制約もあるので、すべてではありません。

 

まあ、さんざんいろんな商材をチェックしているのと、Web業界での経験から、

「稼げるかどうか」「再現性(実現性)があるかどうか」

というのは、中身を見れば大抵判断ができるようになりました。

怪しい商材は紹介すらしない

情報商材レビューサイトを運営する上の世間一般のセオリーとして、

良い商材も悪い商材も紹介する

というものがあります。

 

怪しい商材は「稼げない」「詐欺だ」などとレビューでこき落とす。

そうすることで、アクセスを集めて他の商材の購入を促すのが目的です。

 

ただ、間違って怪しい商材を売ってしまう「事故」の可能性もあります。

私は、商材間の比較をすることはありますが、

明らかに怪しい商材は、レビューすらしません。

 

私のレビューサイトに載っている商材は個別に優劣は多少あるにせよ、

購入して全く使えないというものはない、という状態にしています。

メールサポートをつける

情報商材の中には、期間限定で販売者のサポートが付くものがあります。

ただ、たまに販売者と連絡が取れなくなる、ということもあります。

 

私は基本的に紹介しているすべての情報商材やツールに対して、

無期限のメールサポートを独自に付けています。

 

これで購入者は安心して取り組むことができると考えているからです。

最後に

だらだらと書いてしまいましたが、とにかく私が望むのは、

納得して情報商材を手にしてほしい

ということです。

 

情報商材はすべて詐欺だ

と判断してしまうのはある意味簡単なことなんですが、

じゃあどうやってノウハウを学ぶの?

ってことです。

 

誰から情報商材を購入するか。

それを重視すると、明るい未来が開けると思いますよ。

 

ともちでした。

アフィリエイト教材・ツール辛口評価

おすすめの記事