YouTubeで稼げない理由を解説します

立派なメディアに成長したYouTube

家に、小学生と幼稚園児の男の子がいます。

テレビやゲームなどをそれほど制限していなくて「やること(勉強とか手伝いとか)をやったら何してもいいよ」という感じの育て方です。

そうやって放っておいたら彼らがなにをするのか。

おもちゃやゲームでも遊ぶし、本を読んだりアニメを見たりもするのですが、一番好きなのは「YouTube」です。

 

子供向けのゲーム実況やらやってみた系の動画とか。ベタですが、ヒカキン&セイキンなんかは大好物です。

地上波のテレビ番組はほとんど選ばないです。

※それじゃ流石に良くないと、情報番組やドキュメンタリーなどを一緒に見たりしていますが。

 

もう、大人が考えているよりも、YouTubeは立派なメディアとしての地位を確立しています。

ただ子供が「ユーチューバーになりたい!」なんて言い出したら、全力で阻止するつもりです。

YouTubeで稼ぐのは、とてもハードルが高いからです。

以前は簡単に稼げたYouTube

2010年代の中頃から後半ぐらいでしょうか、YouTubeが「サイドビジネスのドル箱」的に扱われていた時期がありました。

ヒカキンの真似事みたいな動画でも、それなりに稼げました。

さらには、

  • トレンド記事を文字情報のみ流すだけのテキスト動画
  • 他人がアップした動画を流用した編集動画
  • テレビ番組や映画を編集した著作権無視動画

など、動画を独自に作成する手間をかけずに、いくらでも稼げました。

良い時代と言うべきか、暗黒時代と言うべきか。

YouTube(Google)が黙認してるんだからいいよね。

というのが、アフィリエイト業界の雰囲気でした。

 

今、そのような低クオリティの動画著作権無視の動画は見当たりませんよね。

YouTube(Google)が徹底的に排除してしまったからです。

YouTubeで稼ぐためために超えなければならないハードル

著作権無視の動画は問題外として、低クオリティの動画が減ってしまったのには理由があります。

収益化(のみ)を目的とした動画チャンネル運営者のやる気を削ぐハードルが設けられたからです。

 

YouTubeで稼ぐ(収益化する)には、動画の再生中に広告を表示させる必要があります。

この広告は、Googleアドセンスのアカウントがあれば設定できるものなのです。

この広告表示に厳しめの基準が設けられたわけです。

具体的には、

  1. すべての YouTube の収益化ポリシーに準拠している。
  2. YouTube パートナー プログラムを利用可能な国や地域に居住している。
  3. 有効な公開動画の総再生時間が直近の 12 か月間で 4,000 時間以上である。
  4. チャンネル登録者数が 1,000 人以上である。
  5. リンクされている AdSense アカウントを持っている。

引用元
https://support.google.com/youtube/answer/72851?hl=ja

というもの。

3の12ヶ月で4,000時間という時間もなかなかのものですが、要は、

始めてすぐには広告が載せられない=しばらくタダ働き

ということです。

また、4については、

チャンネル登録者(ファン)が一定以上つかないと報酬が出ない

と言うことです。

 

このハードルをクリアできない、無報酬期間に耐えられない。

そう考える人たちが、YouTubeで稼ぐことを諦めてしまったわけです。

それでもYouTubeにこだわるならどうすればいいか

そんな感じで、

手間なしにサクッと動画を作ってYouTube広告で稼ぐ

という方向性は、基本的に無理です。

 

では、YouTubeを使ってこれから稼いでいくにはどうしたらいいのか。

路線は、大きく分けて2つあります。

  • 一つは見る価値のある動画を作ってアップしていく「ユーチューバー路線」
  • もう一つはYouTubeを集客するための道具として使う「集客ツール路線」

です。

ユーチューバー路線の進め方

これはまさに王道の路線です。

自分が提供できるスキルを公開したり、面白い動画を作るというものです。

これができれば苦労はないわけですが、一つ忘れがちなこととして、

自分が普通だと思っていることが他人にとってはすごいことだったりする

ということがあります。

 

「ヒカキン」は、もともとボイスパーカッションの動画をYouTubeにアップしたのが始まりです。

その後、レビュー動画やゲーム実況動画、やってみた系動画に展開していったのはご存知の通り。

そのボイスパーカッションはかなりのレベルなんですが、得意なものから始めたのが成功のポイントです。

 

私は、自動車メンテナンスのコツなどを教える動画チャンネルをたまに見ます。

整備士さんからしたら当たり前のことでも、素人にはとんでもない技術に見えるものです。

その道の第一人者ではなくても、素人よりはものを知っている。

そういった仕事上のネタや趣味の話なんかを動画にすれば、面白がってみてくれる人はいます。

動画にするほどではないと思っていることが、意外と人を惹きつけるものです。

集客ツール路線の進め方

集客ツール路線というのは、YouTube広告の収益化を行わずに、YouTube動画を集客のために使う手法です。

YouTubeで集客してからブログやメールマガジンなどの別の媒体に誘導して、そこでアフィリエイトを行うものです。

 

YouTubeはGoogle傘下だけあって、検索にとても強いです。

通常のブログなどでは上位表示しにくいキーワードでも、YouTubeだと上位に表示できることが結構あります。

 

例えば、何かの商品のレビューやレポートを動画で簡単に作ってYouTubeにアップします。

YouTube動画には自由に記載できる備考欄があるので、そこに「詳しくは〜」といった説明を入れて、自分のアフィリエイトブログに誘導してしまうわけです。

ブログにも検索エンジンから直接集客できるので、YouTubeを使うことで、2つの集客ルートを手に入れることができます。

実は私も一部のブログで実践しているんですが、割とコンスタントに集客できるのでおすすめです。

 

また、メルマガアフィリエイトのリスト(メルマガ会員)収集にもかなり有効です。

メルマガ会員申し込み用のページを作成しておいて、

YouTube→申し込みページ→会員登録

という流れを作るわけです。

 

メルマガアフィリエイトは、リスト(メルマガ会員)をある程度集められれば、メール1本で報酬を得られることができる最強のアフィリエイト手法です。

ブログアフィリエイトなどと併用してうまく会員登録に繋げる流れを作ると、収入の大きな柱になります。

YouTube以外の方法ならがいいのか

ここまで、YouTubeをメインで使う方法と補助的に使う方法をお伝えしてきました。

もうYouTubeを使わない方法で進めるならどうしたら良いか。

そのあたりをお伝えしたいと思います。

 

まず、媒体はブログを中心にしたほうがいいです。そして、使う広告はGoogle アドセンス広告です。

理由は単純で、最もコストをかけずに簡単に始められるからです。

 

必要なコストは、サーバとドメインで月に数百円程度なので、投資とも言えない程度の負担です。

ブログにGoogleアドセンス広告を貼るわけですが、広告をこちらで選ぶ必要がありません。

ブログのテンプレートに広告のコードをセットしておいて、あとは記事を書いていけば勝手に広告が表示されます。

 

一般的なアフィリエイトサイトを運営しようとする場合、紹介する商材を中心に作業する必要があります。

商材を選んで、商品特性などを理解して、競合商品と比較をして、レビューして、等々。

その辺りをすっ飛ばして、ある意味「好きなこと」を書いて広告収入を得られるわけです。

ブログで安定収入を得るには

ブログに記事を書いたら勝手に広告が表示されて、そこから報酬が発生する。

それだけのことなので、今すぐにできそうに考えてしまいます。

実際に、ちょっとウェブのことに詳しい方なら、ブログを始めるのは大した手間ではありません。

ただそれが「稼げるブログ」になっているかどうかはわかりません。

稼げるブログにするポイントは、

  • テーマ選定
  • 記事の書き方

の2つです。

テーマ選定の基準は、

  • 記事を書きやすい得意ジャンルのテーマ
  • 稼ぎやすいジャンルのテーマ
  • アクセスを集めやすいトレンドテーマ

といった方向があり、それぞれに整理されたノウハウがあります。

得意ジャンルの記事で攻めるなら、ファンシフトアフィリエイト2020

稼ぎやすいジャンルを狙うなら、Click Affliate Capture Content`s

トレンド記事でアクセスを集めるなら、下克上∞

といった感じです。

 

ひとくくりにブログで稼ぐといっても、様々な方向性があるわけです。

一つ柱を決めて、まずやってみることです。

 

記事を書くのがちょっとでも楽しく感じたら、ブログで稼ぐのはそれほど大変な道のりではありません。

楽しいことは続けられますから。

記事を書くのに苦痛を感じたら、先ほどの方向性(得意ジャンルか稼ぎやすいジャンルかトレンドか)を改めて見直してください。

うまくいかないなら、記事を書く必要がないアフィリエイトに移行することをおすすめします。

例えば、PPCアフィリエイトとか、Facebook広告アフィリエイトなどですね。

Google Combat
FBINA

まあ、YouTube以外でもいくらでも稼ぐ方法はあるということです。

ともち

おすすめの記事