アフィリエイトをする前に「せどり・転売」に取り組むべきなのか
PublicDomainPictures / Pixabay

ともちです。

私は、ネットビジネスについて、特にアフィリエイトを中心に情報発信しています。

これは、理由として色々ありますけど、

ウェブプロデューサーとしての経験をフィードバックしやすい

という面が大きいです。

 

ただ教材を手当たり次第レビューして回っても、

実際に購入者が稼げなかったら意味がないと思っていますし、

正直後味が悪いわけです。

 

なので、確実に稼げるだろうというノウハウを目利きして、

さらにサポートすることで、

稼げる人を増やしていきたいと考えているわけです。

 

もちろんプロとしてやっていますので、強要はできませんけど、

今後用事があれば私から教材を購入していただきたいですし、

知り合いを紹介なんかしていくれるとものすごく嬉しいですね。

 

そんな背景で、アフィリエイト中心の情報に偏りがちなわけです。

 

でも、ネットビジネスはアフィリエイトだけではありません。

せどりや転売

つまり、リアルな物品をネットで売買するビジネスがあります。

 

私自身、それほどせどり・転売を本気でやっていたわけではありませんが、

経験はあります。

ブックオフとかドンキホーテで仕入れをして、ネットで販売するなど。

本業の仕事の拘束時間が長いことで、本格的には手を出せませんでしたが、

しっかり取り組めば確実に稼ぐことができます。

 

では、せどりや転売にずっと取り組んでいけばいいのか。

人それぞれですので完全否定はしませんが、

せどりや転売はあくまで軍資金集めか、

補助的に活用したほうがいいと思います。

 

どうしても、

利益が労力に比例する傾向が、アフィリエイトに比べて高いからです。

 

でも、せどりや転売はアフィリエイトと比べて、

一般の人でもイメージがしやすいので、

やりたいと思う人の割合が結構多いです。

 

その状況をうまく利用して、

せどりとアフィリエイトをうまく組み合わせたノウハウが、

セドクエ

という教材。

 

本当によく考えられたノウハウだと思います。

興味があれば、ぜひレビューを読んでみてくださいね。

 

セドクエ

 

ともちでした。

おすすめの記事