常時SSL化はSEOに影響はあるのか?

常時SSL化がここ数年話題になることが多いです。

改めて常時SSL化について書きたいと思います。

 

常時SSL化とは?

常時SSLについてご存じない方はこちらが参考になります。

常時SSLとはウェブサイトの全てのページをHTTPS化(SSL/TLS暗号化)するセキュリティ手法です。これまでは個人情報を入力する場面など、重要な情報をやり取りする場面のみで通信を暗号化する方法が用いられてきましたが、これをウェブサイト全体に広げる方法が常時SSLです。

シマンテック

要は、「必要な箇所に部分的に適応させていた暗号化の範囲をサイト全体に拡げてしまおう」という考え方です。

常時SSLを導入することで、「ウェブサイト価値の向上」「管理の効率化」「セキュリティの強化」といったメリットが得られます。ウェブサイトへの訪問者に安心・安全を提供することはもちろん、マーケティング部門においてはGoogle検索におけるSEOの向上やログ解析の改善、開発部門においてはウェブアプリ開発の効率化、情報システム部門においては盗聴・なりすましの防止、サイバー攻撃対策などのメリットがあります。

シマンテック

ということで、常時SSL化というのはいろいろとメリットがあるわけです。

 

Googleの影響力

一般企業のサイトや個人サイトにまで常時SSLが浸透したのは、
メリットの面が当然ありますが、Googleの影響もとても大きいです。

Googleが2014年にこんなコメントをしたんですね。

HTTPS をランキング シグナルに使用します

Google ウェブマスター向け公式ブログ

こんなコメントを目にしたら、

「常時SSL化をすぐにやらないと、検索順位が下がってしまう!」

と考えてしまうのも無理のない話です。

 

そこまでではなくても、

「常時SSL化をすることが少なくとも検索結果にマイナスになることはない」

と考えれば、「タイミングを見計らって対応しよう!」
というモチベーションにはなるわけです。

 

そんな感じで、常時SSL化が一般的になってきました。

 

2017年時点で私が取り組んでいるサイトリニューアルは、
ほとんど常時SSL化が前提ですね。

SSLは「遅い」「高い」?

SSL自体は別に新しい技術ではありません。
2,000年代の前半に私がウェブの業界に関わり出した頃から一般的なものでした。

ただそのころのSSLの一般的なイメージは、

「遅い」「高い」

でした。

 

ちょうど2,000年頃、私がお客さんに、

「個人情報を扱うなら暗号化(SSL)を検討したほうがいいですよ」

というお話をしたところ、

そのお客さんがサイト全体をSSL化したことがありました。

 

常時SSL化のさきがけですね。

 

その結果、 まともにパソコンで表示されなくなりました。

小規模なECポータルサイトでしたが、
商売どころじゃないぐらいのひどさでした。

 

当時は、SSL化をするとセキュリティは向上する反面、
ものすごく表示が遅くなったんです。

 

さらに、SSLの証明書がまた高かったんです。
毎年何十万円かかるものしか選べなかったんですね。

 

まさに「遅い」「高い」です。

 

常時SSLを導入しやすくなった理由

かつて「遅い」「高い」というイメージのあったSSLですが、
今ではそのネガティブな面は解消されています。

 

まず「遅い」という面。

いまではSSLのほうがかえって速いという結果も出ています。

これは、詳しく説明すると難しいのですが、
最近のウェブブラウザはSSL通信を前提に作られているわけです。

 

次に「高い」という面

信用度の高い証明書は相変わらず高いわけですが、
そうでもない証明書も選べるようになりました。

中にはタダというものもあります。

分相応の証明書を選べることになったことですね。

 

アフィリエイトサイトを常時SSL化するべきか?

私は、この記事を書いている時点で、保有するサイトの内、
メイン2サイトを常時SSL化対応済です。

Googleの検索結果は、Search Consoleを見る限りは変化がありません。

ですから、

取り急ぎのSEO施策としての常時SSL化は必要ないかな?

というのが正直な感想です。

ただし、常時SSL化をすることで、当然ながら
メールフォーム類も暗号化されたわけで、
お問い合わせの安心感にはつながっているのかな、
という実感はあります。

どちらにせよ、多少のコストと手間はかかる作業なので、

  • 個人情報を取り扱っている
  • 収益が発生している

という条件に合致しているサイトから、
常時SSL化を検討されたらよいのではないかと思います。

ともち

おすすめの記事