副業から複業へ パラレルワークの魅力を実践者が解説

こんにちは、ともちです。

私は、本業のサラリーマン(ウェブプロデューサー)とは別に、
副業としてアフィリエイト関連の情報発信を行なっています。

いわゆる、副業アフィリエイターという立場ですね。

 

世間では「副業」というと、これまでなんとなくネガティブなイメージがありました。

  • 本業の給料だけじゃ生活できないから仕方なしにやるもの
  • 休日や夜間に気力・体力を消耗しながらアルバイトするもの

という暗いイメージですね。

私は「週末起業」の意識で取り組んでいるので、感覚的にはズレているんですが。

 

そんな私の感覚に時代が追いついてきたんでしょうか?

最近では副業のことを、

「複業」

「パラレルワーク」

などと言いかえて、推進している企業も現れています。

 

本業に影響のない範囲での副業を認めたり、相乗効果を期待するといった、
前向きな取り組みですね。

「副業」「複業」「パラレルワーク」の呼び方はともかく、
「本業以外に仕事を持つ」ということについて興味がある方に対して、
私がこの数年の経験から「副業」を持つことの魅力について
お伝えしたいと思います。

 

収入を維持しながら起業に挑戦できる

勤め人なら一度は考える(あこがれる)

「起業」

在宅ワークだって立派な起業です。

収入・支出のバランスも考えないといけませんし、税金関連の業務も必要です

 

起業といえば、

地位も財産もプライベートも投げうって、ハイリスクハイリターン

というイメージがありますが、

副業なら最悪うまくいかなくても収入が途切れることはない

という最大のメリットがあります。

 

保険をかけすぎると、モチベーションが弱まるという面はありますが、
生活を壊すことなくチャレンジできるというのは大きなメリットです。

 

本業との相乗効果が見込める

本業と関連した副業を持つと、本業の経験が副業に生かせるというのは、
当たり前のことなのであえて言及する必要もないかもしれません。

じつはその逆、

副業で得た経験を本業に生かせる

ということが少なからずあります。

私の場合、ネット広告やSNSの活用、集客についての知識ですね。

 

業務で直接関わっていないと知識が広く浅くなりがちですが、
副業で関わることで知識に深みがでました。

 

給料以外のお金が稼げる

いろいろきれいごとを言っていても、結局最大の目的はお金です。

大抵の勤め人は、いくら成果を上げても給料に大きく反映されることはありません。

たとえ、フルコミッションの給与体系でも、利益を倍にしたところで、
給料は倍にならないですよね。

でも、副業はちがいます。

小さくても事業を興した場合、成果がでたらその分収入が増えます。

副業の収入が本業の収入を超えてしまうということも珍しいことではなく、

どちらが本業なんだ?

と感じてしまうこともあります(私もその一人です)

 

結論としては副業に取り組むべきです

副業はやった方がいいですよ。

なにより「楽しい」です。

学生生活だって、授業だけじゃなくて部活動やサークル、
アルバイトした方が生活が充実しますよね。

皆さん、気軽にチャレンジした方がいいと思いますよ。ほんとに。

 

ともちでした。

おすすめの記事