アフィリエイト広告を出稿している会社のウェブサイトをリニューアルしてわかったこと

ともちです。

 

最近一般発売を開始したこちら、

カエテンジョイ 無料ブログSEOテンプレート

kaetenjoy_s

ご覧になりました?

 

結構使えるテンプレートなのでおすすめなんですが、

このカエテンジョイ、先行発売から一般発売まで、1ヶ月あったので、

割と真面目にSEO施策<をしたんですよ。

 

まあ、半分成功、半分失敗って感じだったんですがね。

 

近いうちにレポートにして、メール会員のみなさんに配ろうと考えてます。

まだ会員になっていない人は、この機会に登録してくださいね。

 

「ともちのNBS(ネットビジネスサテライト)通信」

 

本題に入ります。

とはいえ、冒頭の話も全く関係ないことはないです。

 

広告出稿している企業側の考え方

少し前の話なんですが、本業の方で、

あるクレジットカード会社のサイト

をリニューアルするプロジェクトをマネジメントしました。

 

クレジットカードのアフィリエイトは報酬がいいので、

アフィリエイターには人気が高いですね。

 

普段は別のサイトで金融商品を紹介している私ですが、

本業では、ウェブプロデューサーという立場です。

(この時はプロジェクトマネージャですね)

 

クライアントの抱えている課題を解決して、

より成果の出るサイトにしていくのがミッションです。

 

その流れで、

 

  • ヒューリスティック調査
  • アンケート調査
  • ユーザーテスト
  • アクセス解析

 

など、色々やった訳ですけど、結果として、

「クレジットカード」
「キャッシング」

などのニーズ軸のキーワードは当然として、

「社名」
「ブランド名」

ですら集客されていない、絶望的なサイトだったことが判明したんです。

 

カード入会のほとんどがアフィリエイト経由だったんですね。

 

そこで私は、アフィリエイターよりウェブプロデューサーの立場を優先して、

 

「サイト構成をよりカード入会に特化」
「SEOをより意識したデータ構造に変更」
「アフィエイト出稿しないですむようにする」

 

という趣旨のプランを、客先で意気揚々とプレゼンしたわけです。

そりゃ、広告費を抑えながら入会者を増やすという、

最高のプランですから。成功させる自信もありましたしね。

 

そのあと、どうなったと思いますか?

 

 

 

責任者に一声で却下されました。

「そんなリスクは負えない。」

 

今は理解していますが、当時は全く理解できませんでした。

新しいサイトは無事に出来上がりましたが、

アフィリエイト広告は出稿しまくりです。

 

皆さん、私のプレゼン能力のなさに感謝してくださいね(笑)

 

この業界、広く言えばアフィエイリトに積極的な業種は、

今更一定の成果が上がるアフィリエイトへの出稿を

やめるにやめられないんですね。

 

コストを下げてプラス評価されるという誘惑より、

アフィリエイトをやめて入会や売り上げが減って、

マイナス評価される恐怖の方が勝ってしまうんですね。

 

まあ、麻薬みたいなもんです。

 

ちなみに、

アフィリエイト経由の入会者は稼働率がいいそうです。

自己アフィリ経由はダメみたいですけど。

 

たまには、アフィリエイトリンクの先のことを考えるのもいいかと思って、

こんな記事を書いてみました。

また機会があれば、書いてみますね。

 

ともちでした。

 

ともちへの質問や問い合わせはお気軽にどうぞ。

基本的にすべてのメールに返信します。

お問い合わせフォームはこちら

 

banner_ml

おすすめの記事