Google AdWords(アドワーズ)をPPCアフィリエイトに使えないのか

ともちです。

  • SEO(検索エンジン対策)が不要
  • サイト作成もペラページ(1枚ものの簡単なページ)でOK
  • 報酬の発生がすぐに期待できる

「PPCアフィリエイト」は、特にアフィリエイト初心者にとっては

とっつきやすい手法だということで人気があります。

 

具体的な方法は、PPC(ペイ・パー・クリック)広告と呼ばれる、

クリックに対して課金される広告を出稿して、

そこから自分のサイト(ペラページ)に誘導して商材を案内し、

さらにその商材のページに誘導することで報酬を得ます。

 

PPC広告というのは、GoogleとYahoo!が2大媒体になるのですが、

アフィリエイトで使われるのはほとんどがYahoo!です。

 

GoogleとYahoo!を比較すれば、Googleの方が広告の露出は多いですし、

Googleの広告であるAdwords(アドワーズ)を使わない手はないはずです。

 

ではなぜアフィリエイトにGoogle Adwordsが使われないのか。

理由は単純で、Googleの審査基準がかなり厳しいからです。

 

前述のペラページを使った一般的なPPCアフィリエイト手法では、

Google Adwords広告の審査はまず通りません。

 

ちなみに、昔はそれほど審査が厳しくなかったので、

PPCアフィリエイターはGoogleとYahoo!の両方に出稿していました。

ある時、一斉にGoogleから締め出されてパニックになった、

という過去があります。

 

そういった経緯で、Yahoo!のみでPPCアフィリエイトが展開されている

というのが実情なのです。

 

私は本業で一般企業のWebプロデュースを行っている関係で、

クライアントにWeb広告の提案もしょっちゅう行っています。

 

最適な広告媒体というのは変わるものではありますが、大抵、

「Googleありき」で「Yahoo!はどうします?」

というぐらいの力の入れかたですね。

それぐらい、Googleの方がYahoo!よりも力があります。

 

この力をアフィリエイトに生かしたい

当然、そう考えますよね。

 

Googleからアカウントを凍結されることなくPPC広告を出稿する。

個人がトライ&エラーを繰り返してやっていたら危険極まりない行為なんですが、

検証を繰り返して実現可能にした人がいます。

 

それが今泉航太氏。

 

Yahoo!一辺倒でのPPCアフィリエイトにGoogleを加えることで、

売り上げ「13倍」という成果を上げています。

Googleはライバル不在なので、参入できるとかなり美味しいんですね。

こちらに詳しい方法をまとめているので、読んでみてください。

 

PPCググリエイト

 

ともちでした。

おすすめの記事