アフィリエイトにSEO分析ツールは必要か?

SEO(検索エンジン対策)のおさらい

ともちです。

ブログやサイトへの集客方法として優先するべきなのは、検索エンジンからの集客です。

その施策として実施されるのがSEO(検索エンジン対策)です。

 

SEOは、SEO内部施策SEO外部施策の大きく2通りに分かれています。

SEO内部施策は、自サイトのチューニングのことで、ページタイトルサイト構造キーワードを盛り込む構造などが基本的な施策です。

SEO外部施策は、自サイト以外からの働きかけで、被リンクの獲得が中心になります。

どちらも大事ですが、施策が困難なSEO外部施策のほうが評価のウエイトは高いです。

 

SEOの成果を客観的に判断するには?

SEOの目的を単純に表現すれば、自サイトを検索結果の上位に表示させることということになります。

ただ勘違いしてはいけないのが、SEOというのは「相手がいること」だということです。

 

相手というのは「サイトの訪問者」「競合(ライバル)サイト」です。

 

サイトの訪問者はどのようなキーワードで検索をするのかを理解しないと、大して効果もないキーワードで上位表示を目指すなど、無駄な労力をかける羽目になります。

また、同じ商材を扱っている競合サイトが自サイトよりもより効果的な集客をしていた場合、相対的に自サイトの収益を減らすことになります。

この「相手」の動きをしっかり分析して対策を行うことが、SEOの本質なのです。

単純にGoogleでキーワードを入力してその表示順に一喜一憂することは、まったく意味のないことなんですね。

 

SEO分析の方法

顧客(ターゲット)分析と競合(ライバル)分析の方法は、ツールを活用することになります。

アフィリエイトでもよくつかわれるツールとしては、これらの無料サービスです。

  • グーグルサーチコンソール
  • グーグルキーワードツール
  • キーワードアドバイスツール
  • hanasakigani.jp
  • similarweb
  • SEOチェキ!
  • FerretPLUS

これらを使いこなすと、顧客(ターゲット)と競合(ライバル)の動きはある程度把握できるようになります。

これまでSEO分析を行ってこなかった方がいれば、ぜひ試してみてください。

 

ただこれらのツールの利用には問題もあります。ツールの機能面ではなく効率面です。

それぞれが独立したサービスなので、調べきるにはものすごく時間がかかるんですね。

 

調査に時間をかけることで、コンテンツの整備がおざなりになってしまうのは「本末転倒」なんです。

 

SEO分析専用ツールの導入

ウェブの世界では無料のサービスが溢れていますし、使えるものはどんどん使っていくべきだというのが私の考え方です。

例えば、アクセス解析サービスの「GoogleAnalytics」などは、私の保有サイトのほぼすべてに導入しています。

 

但し、時間をお金で買えるのであれば、費用対効果を考慮して有料サービスの導入を検討するべきです。

特にSEO分析についてはとにかく時間がかかるわけで、その時間が何割かでも抑えられるのであれば、積極的に導入するべきです。

 

私は最近、こちらのツールを導入してみました。

https://tomochi.biz/keyword/p4487/

売り文句は「SEO分析にかかる時間を1/10にする」ですが、下手したらそれ以上の省力化になるかもしれません。

アフィリエイト報酬が伸び悩んでいるような方は、一度検討してみたらいかがでしょうか。

 

ともちでした。

おすすめの記事