専門家が説明する「SEO(検索エンジン最適化)」の基本概念と2つの施策

ともちです。

ブログ・サイトアフィリエイトをやっている上で、

検索エンジン、特にGoogleの検索順位というのは非常に重要です。

 

単に目立っていい、というレベルではなくて、

検索結果が1位と2位ではクリック数が倍違いますし、

順位が低いということは、そのまま機会損失を意味する訳です。

 

こんなことはありませんか?

 

初めて行く商店街やショッピングモールで、

入り口に近いお店や駅に近いお店で買い物や食事をして、

奥のお店の前を通る頃には、財布は軽くなって、

おなかはいっぱいという経験。

 

私はよくあります。せっかちなもので。

 

奥のお店が有名だったり、宣伝をたくさん打っていれば、

お客さんその店を指名で来店するのでしょうが、

そうでもないお店なら、完全に埋もれてしまいますね。

 

もうおわかりと思いますが、

お店の位置が検索結果順位

宣伝はそのままリスティング等のネット広告

有名なお店は指名キーワード

と置き換えてもらえばわかりやすいですね。

 

ただ、商店街とネットで異なることがあります。

それは、店の並び順が変動するということです。

 

順位(店の順番)を決めるのは、Googleです。

Googleはユーザーにとって有用なサイトをより上位に表示させようとします。

何とかGoogleに好かれようとするのがSEOですね。

 

お店を清潔にしたり、品揃えを魅力的にするのが、

SEO内部対策(施策)

ソースコードの整理やコンテンツの拡充にあたります。

 

知り合いに声をかけて、お店を紹介してもらうのが、

SEO外部対策(施策)

外部サイトから被リンクを受けることにあたります。

 

内部対策と外部対策、難易度が高いのはどちらでしょうか?

 

まあおわかりですね。外部対策です。

 

内部対策は自分で手間をかければ基本的に何とかなります。

SEOテンプレートなどを導入すれば、なおよいですね。

ワードプレステンプレートの賢威

とか

無料ブログテンプレートのカエテンジョイ

とか

 

ただ、外部対策は、基本的に他力本願なんです。

他人が評価しないと被リンクはつかないので、なかなか増えません。

 

ブログを立ててしばらくの間は、

内部対策を意識しながら、有用なコンテンツを積み上げていくしかないともいえます。

 

外部対策はについては、次の記事で説明することにします。

 

ともちでした。

 

 

ともちへの質問や問い合わせはお気軽にどうぞ。

基本的にすべてのメールに返信します。

お問い合わせフォームはこちら

 

メールマガジン

おすすめの記事