そうはいってもSEOには被リンクが必要でしょ?ブラックハットSEOがささやく

ともちです

前回までの記事で、SEOの基本概念と被リンクによるSEOの歴史

ペナルティについて述べました。

 

今回は、完全にブラックな話です。

ブラックハットSEOといって、Googleを欺いて検索結果順位をあげる方法。

 

前回記事で、今できる被リンク施策は、

 

  • 自作自演のサテライトサイト
  • ソーシャルブックマーク

 

ぐらいと書きました。

 

これらは、限定的ですけど効果はあります。

 

ということは、Googleは被リンクの評価軸を捨てていないとも言えるわけです。

 

他サイトからの評価を検索順位に反映するというのは、

Googleのアイデンティティともいえることですから、

スパムが多かろうが完全に捨てることは出来ないわけです。

 

じゃあ今、

何百何千という外部リンクを受けたサイトはどうなるか。

 

当然、ペナルティを受けて圏外に吹っ飛びます。

 

ただし、1-2週間後に。

 

ということは、

ペナルティ前提で、上位表示されているうちに稼ぎきる。

という考え方もできます。

 

そして、ペナルティを受けたら、別ドメインのサーバにコンテンツを載せ替えて、リダイレクトをかけます。

それを繰り返せばいいわけです。

 

私は仕事柄というかポリシー的に、サイトを使い捨てするのに抵抗があります。

こういうやり方は今後もやらないでしょうが、参考までに記事にしてみました。

 

ともちでした。

 

(追記)
記事を読み返してみて、

遠まわしにブラックハットSEOをすすめているようで嫌だな、

と思ったので追記しておきます。

 

一時的に検索順位が良くなっても、

すぐに圏外に飛んでしまうのが分かって実施するのは、

考え方しだいではあります。

ただ、アフィリエイトを事業として行うのであれば、

事業継続性の観点から良くないことだというのが私の考え方です。

 

なので、リンクを大量かつ即時に張るサービス

私はいくつか知っていますけど、そのサイトへのリンクは晒しません。

リンクを張ったら、私が紹介したことになりますし、

それで皆さんが損害を受けるのは避けたいからです。

 

どうしてもそのサービスに興味があるなら、ご自分で調べてみてください。

 

リンクサービスを使いこなすには、少なくとも、

サービスを探し出すぐらいのネットリテラシーが備わっていないと危険です。

 

ともちへの質問や問い合わせはお気軽にどうぞ。

基本的にすべてのメールに返信します。

お問い合わせフォームはこちら

 

banner_ml

おすすめの記事