アフィリエイトの検索キーワードの探し方の見直しについて

ともちです。

サイト・ブログアフィリエイトの手法は、洗練されつつあります。

 

それこそ何年も前は,

ページにキーワードを詰め込んだり、ページを大量作成したり、

被リンクを大量に流し込んだりなどなど、

スパムチックな手法がかなり多かったように思います。

 

クライアントから「制作費」をもらってウェブサイトを構築している、

私のようなウェブ関係者から見れば、そういったアフィリエイトサイトは、

インターネットの世界を汚すゴミといった印象で、

決して好意的なものではありませんでした。

 

当然、そういったスパムチックな手法で効果が上がっていたので、

実践しているアフィリエイターが多かったわけで、

彼らを責める筋の話ではないのは理解した上での話です。

 

しかしながら、最近はGoogleによる、

ユーザーが求める情報を正確に検索結果に表示させる

という長年の取り組みは、やや強引だと思えることもありますが、

確実に成果が上げてきています。

 

つまり、アフィリエイトサイトとそれ以外のサイトの評価について、

スタートラインが同じになったとも言えます。

 

そんな中、ユーザーとブログサイトとの接点である、

「検索キーワード」は、以前のようなズルができない分、

選定の難易度は上がっています。

 

成果の上がらない人の特徴

トレンドアフィリエイトでも、物販アフィリエイトでも、

記事をまめに書いているのに、

  • ページビューが増えない
  • 成果が上がらない

というのは、キーワード選定に問題があるケースが多いです。

 

そういった成果の上がらない人の特徴を分析すると、

決して、検索キーワードを軽視しているわけではない

ということが多いです。

 

下克上をはじめとするトレンドアフィリエイト教材や、

風花初芽などの物販アフィリエイト教材には、当然ながら、

ページタイトルや記事中に重要キーワードを入れ込む

ということが作業として書かれているわけです。

 

ただ、プロセスが間違っていて、

検索キーワードを探すのではなく、検索キーワードを考えてしまっている

という傾向があります。

 

この点は、私も反省するところがあるのですが、

記事を先に書いて、その後にタイトルを決めるというようなことをしていると、

検索エンジン経由のアクセスを集めることができません。

 

本来は、記事ありきでタイトルを決めるというのは間違っていないのですが、

アフィリエイトサイトは、売ってナンボ=アクセスを集めてナンボ

という点はどうしても付きまといますので、

記事を先に書いている人は、すぐに改めたほうがいいです。

 

キーワードの探し方

キーワードの探し方というと、ツールを思い浮かべる人が多いです。

例えば、キーワードスカウターなどですね。

ツールも重要ですが、AI(人工知能)が搭載されているわけでもないので、

調査するキーワードは人間が入力する必要があります。

 

つまり、

分析させる情報が間違っていると、無意味な結果が出力されてしまう

ということです。

 

大事なのは、キーワードを探すスキルを身につけることで、

その上で作業を効率化させるためにツールを使うのが正しい考え方です。

 

キーワードの探し方は、キーワードストライクいう教材が、

現段階では一番的を得た内容なので、おすすめしています。

詳細は別記事を参照してください。

キーワードストライクの詳細

 

サイトを立ち上げたのに、成果が上がらないという状況は、

精神的に苦しいものですが、少しの工夫で劇的に改善される可能性があります。

 

投げ出す前に、キーワード戦略の見直しを強くおすすめします。

 

ともちでした。

おすすめの記事