FacebookやTwitter YouTubeをアフィリエイトに活用する方法
FirmBee / Pixabay

ともちです。

アフィリエイトというのは、端的に言ってしまうと、

自分のメディアに集客をして、提携先の販売ページに誘導する

という行為に対して報酬を得るビジネスモデルです。

 

利益を最大化しようとすれば、

一般の販売業なら、

販売数を増やしながら、原価を下げる

という金の出入りを調整することになりますが、

アフィリエイトは基本的に原価に手をつけられませんので、

おのずと販売数を増やす戦略をとることになります。

アフィリエイトで販売数を増やすには?

重要なのは、

自分のメディアに人を集める集客力です。

 

ブログアフィリエイトなら、検索エンジン経由の流入を増やす

SEO(検索エンジン対策)

が重視されます。

PPCアフィリエイトなら、リスティング広告への出稿ですね。

 

ただそれだけではない集客方法があります。

皆さんご存知の、

FacebookやTwitter、YouTubeなどのSNSからの集客です。

 

大手のSNSは、それ自体が強力なメディアですので、集客力があります。

強力ゆえに、検索エンジンに配慮する必要がありません。

なので、初心者には難しいSEOを勉強する必要がないわけです。

 

SNSごとの活用方法

YouTube

YouTubeアフィリエイトには、大きく2つの方針が考えられます。

YouTube内で稼ぐ方法と、YouTubeの外で稼ぐ方法です。

 

YouTube内で稼ごうとすれば、動画にアドセンス広告を表示する方法が一般的です。

動画を見た人がアドセンスの広告をクリックすることで報酬を得ます。

ほったらかしで良いので楽な反面、あまり高額の報酬は見込めません。

教材なら、エビルユーチューバーが取り組みやすいと人気です。

 

レビューはこちら

 

YouTube外で稼ぐならば、役割を集客と誘導に集中させます。

誘導したページ(レビューなど)に遷移した後で報酬を発生させます。

この仕組みに向いているのは、情報商材などの高額になりがちな商材。

さらに、リストを取ってステップメールなどを流すのも効果的です。

ギガチューブという教材がこのノウハウに当てはまります。

 

レビューはこちら

Twitter

Twitterでアフィリエイトをする場合、以前は、

アフィリエイトリンクを無差別にツイートして、数打ちゃ当たる方式

で稼いでいた人が多かったです。

ただ、規制が強化された今では、同じことをしたらアカウントが凍結します。

今は、Twitterは純粋にブログ記事などの集客に使用した方が効果的です。

 

そうなると、ツイートする相手「フォロワー」を増やしていく必要があります。

こちら、人力で増やしていこうとすると何かと手間がかかるので、

ツールを活用した方がいいです。

TwitterBrain(ツイッターブレイン)が手堅いですね。

 

レビューはこちら

 

Twitterは複数アカウントを持つことを禁止されていないので、

商材毎やブログ毎にアカウントを使い分けるなどして、

フォロワーを自分のブログに送り込むとかなり強力です。

Facebook

大手SNSの中で、一番扱いづらかったのがFacebookです。

複数のアカウントを持ちづらいですし、実名主義のポリシーです。

アフィリエイトをやっていることを知られたくない人には、

なかなか手を出しづらいものです。

 

おまけに、度重なる規制で、アフィリエイターの漬け込む隙間

なくなってしまったと考えられていました。

 

ですが、Facebookページを活用して、記事をコピペ量産することで、

収入を得られるノウハウがリリースされました。

Facebook収入プロジェクトという教材です。

 

レビューはこちら

 

コピペとか書かれると、ペナルティのことが頭をよぎりますが、

その辺りはクリアになっているノウハウなので、安心してください。

 

第2のフェイスブックアフィリエイトブームが起こるのではないか。

そんな予感すら感じているところです。

 

Facebook収入プロジェクトのレビュー

Facebook収入プロジェクトの販売ページ

 

ともちでした。

おすすめの記事