コピーライティング能力を身につける方法
waldryano / Pixabay

コピーライターは魔法使い?

コピーライティングと聞くと、

言葉一つで巧みに人々の心をつかむコピーライターの秘術

というようなイメージを私はいまだに持っています。

 

大物のコピーライターだと、

一つのコピーで何百万・何千万

といった報酬を得ることもあるらしいですし、

実際それに見合う効果をクライアントに与えることができます。

 

そこまでではありませんけど、アフィリエイトの世界でも

コピーライティングの能力というのはとても重要です。

 

似たような閲覧数のブログやメルマガで同じ品物を紹介して、

成約数に大きく違いが出てしまうのは、なにより、

コピーライティング能力の差です。

コピーライティング教材の意味

実際、コピーライティングを学びたいがために、

コピーライティングの情報商材で勉強している人も多いです。

私もいくつか購入して勉強しました。

コピーライティングを教材で学ぶということに異議はありません。

 

ただし、アフィリエイターは専業であれ副業であれ、

稼ぎ続けることが何より大事です。

 

コピーライティング力を身につけてからアフィリエイトに取り組む

一見正しいように感じますが、重大な過ちを犯しています。

それは、コピーライティングを学んでいる間、無収入ということです。

「いくら試合の映像を見ていても、試合に勝てない」

とでも例えればいいでしょうか?

 

もちろん、教材で勉強することはとても意味があることですが、

一から学ぶというより、理解を深めて整理するために使うべきです。

アフィリエイトで稼ぎながらコピーライティングを極める

アフィリエイトで稼ぎながら、コピーライティング力を身につける

これができれば一番理想的なのは当然のことです。

ではどうすればいいのか。

 

最近おすすめしている方法で、

他人の記事をリライトしながらコピーライティング力を身につける

という方法です。

 

コピーライティングの教材では、必ず、

  • 質の良い記事に数多く触れる
  • 質の良い記事を紙に書く(写経)

というような解説がされているものです。

 

これを記事のリライトをする過程で実践するわけです。

稼ぐ記事の作り方

稼げる記事を簡単に作れるという評判のリライトツール。

すでに別記事で紹介済みなんですが、改めてご紹介します。

 

メインサイトリライター(MSR)

 

このツールが一番自然に、かつ効果的な言葉選びでリライトが可能です。

私もたまに使っていますが、自分で一から書いた記事より閲覧数が多くて、

少し凹んだりすることもあります(笑)

 

ともちでした。

おすすめの記事