アフィリエイトを始めると、とにかく文字を書くことが多いことに気づきます。

YouTubeアフィリエイトやFacebook、Twitterを使ったアフィリエイトなど、それほど文字を書かないで済みそうな手法でも、意外と文章を書く必要があります。

当然のことながら、ブログアフィリエイトサイトアフィリエイトと呼ばれる「記事ベース」のアフィリエイト手法では、かなりまとまった量の文章を準備する必要があります。

アフィリエイト記事の準備の仕方

アフィリエイト記事の準備の仕方は、主に3つの方法が考えられます。

1.自分で記事を書く
2.記事作成を外注する
3.記事を買う

このうち、1の自分で記事を書くことができれば何の苦労もないので触れないでおきます。

自分で記事を書けないときにお金で解決するのが、外注購入かです。

この2つは似たようことに感じるかもしれませんが、結構違います。

外注する場合、どんな記事を書いてほしいか、外注先(ライター)に伝える必要があるのですが、これが結構難しいです。

よく言われるのが、

自分(発注者)のレベル以上の文章は納品されない

というものです。

 

文章力はあっても時間がない、手が足りないというときは外注もありです。

記事を書く能力がないから外注するというのはほぼ失敗しますのでやめましょう。

 

記事の購入は、外注と比べて自由度はありませんが、個人の能力が記事のレベルに影響を与えません。

なので、とにかく記事を書くのが苦手、記事を書きたくない、という人には大変おすすめです。

アフィリエイト記事の買い方・使い方

アフィリエイト記事はテンプレートとして販売している業者はたくさんいます。

こちらに特集していますので、ご確認ください。

アフィリエイト記事販売【1】男女共通テーマ

アフィリエイト記事販売【2】男性向けテーマ

アフィリエイト記事販売【3】女性向けテーマ

 

問題は記事を購入した後どうするべきか。

基本はリライトして使う方がいいです。

自分で単語を置き換えるなどしても良いですし、それすらめんどくさいなら、

メインサイトリライター

こういったツールでリライトするのも方法の一つです。

 

とにかくオリジナルの記事だとGoogleに理解してもらうのがアフィリエイトの絶対条件です。

その点は気を付けて取り組みましょう。

 

テンプレートを導入することで、記事作成アレルギーが減ることを祈っています。

ともち

おすすめの記事