YouTubeで情報商材を販売する2つの方法

ともちです。

ネットビジネス、アフィリエイトの世界だけではなく、

展開するのに特有のノウハウが必要なビジネスというのは、

ノウハウを売る側の人間が一番儲かるというのが常識です。

 

ノウハウを売る側というのは、ネットビジネスでいえば、

情報商材の販売者(インフォプレナー)になります。

 

みんなが稼いでいるかといえば、例外もありますし、

「担がれた神輿」の販売者もいますので、絶対ではありませんが、

数が出ている教材の販売者は、かなり儲けています。

 

その次に儲かるのは、販売者の立場に近い情報商材のアフィリエイターです。

私もその端くれになるわけですが、情報商材は、通常の物販などと比べると、

同じ作業量で、利益のケタが違うというようなことも珍しくありません。

 

ただ、情報商材アフィリエイトを効果的に行なうには、

他のアフィリエイトと比較して、マスターすべき技術が多い

ところがハードルになります。

 

そのあたりは、過去に記事を書いています。

ただ、YouTubeを使うと、ハードルをだいぶ下げられるということがあります。

 

YouTubeは、かなり集客力の強い媒体です。

ターゲットを決めて動画を作成すれば、情報商材を購入しやすい層を集めることができます。

集めた特定の層のユーザーに対して、動画や説明文から、

セールスページやメルマガ登録に誘導するというのは、

ブログベースでやるよりも、難易度が低いです。

 

高額塾の「ハンモック ユー〇ューバー」などはこのノウハウです。

 

高額塾ではなくても、

YouTubeで情報商材をアフィリエイトする教材として、

Giga Tube(ギガチューブ)という安価な教材があるので、

それで十分に理解できるのかな、と思います。

Giga Tube(ギガチューブ)のレビュー

 

ともちでした。

 

おすすめの記事