YouTube動画まとめアフィリエイトの可能性
geralt / Pixabay

ともちです。

YouTubeに動画を公開しているYouTuber(ユーチューバー)のなかでも、

一部の人気者は動画だけでとんでもない額を稼いでいます。

この事実はテレビなどでもよく取り上げられているので子供でも知っている常識です。

 

彼らは、人が興味を持ちそうな動画を工夫して制作して閲覧者を増やし、

動画に表示されるアドセンス広告(クリック数に対して報酬が発生する)

によって収入を得ています。

 

ヒカキン氏しかり、ピコ太郎氏しかり。

 

YouTubeアドセンス広告の大体報酬目安が、

0.1円/PV

と言われているので、

例えば100万回見られている動画からは10万円の報酬を得ている

と試算できます。

※あくまで目安なので、正確にそのとおりにはなりません。

 

0.1円などという単位を見ると、大して稼げないのかな?

とも感じてしまうかもしれませんが、

年収で「億越え」のYouTuberなどザラにいる世界ですので、馬鹿にできません。

 

そうなると、一見遊んでいる動画を配信しているだけの彼らの真似をして、

自分も同じように稼いでやろう!と思う人も多く、

「ヒカキンもどき」がYouTubeに溢れかえっているのが現状です。

 

まあ、そういった二番煎じ的なYouTuberはほとんど稼げていないわけですが、

結局のところ稼げない原因は、

  • コンテンツ力
  • ブランド力

が伴っていないからなんですね。

 

コンテンツ力というのは、そのまま面白い動画を作ることができるかです。

面白いと思ってもらって、それをシェア(共有)されるかどうかです。

ブランド力というのは、面白い動画を作るYouTuberだと知られている認知度です。

 

どちらもすぐに獲得できるようなものではありません。

YouTubeで稼ごうとする場合、人気YouTuberとは別のアプローチが必要になってくるわけです。

 

面白い動画を作るアイデアやセンスがなければ、

既存のコンテンツをうまく活用して動画を流用作成するという手法があります。

 

エビルユーチューバーというノウハウが有名ですが、

言い換えれば動画を「パクる」ことで報酬を得るわけです。

エビルユーチューバー

 

あとは、動画そのものは作らないで、動画まとめサイトを作って稼ぐ手法です。

 

アフィリエイターの中で人気急上昇中です。

 

ムービーグラフィティアフィリエイト

 

どちらも優秀なノウハウですが、アプローチの方法がまったく異なります。

好きな方を選んで丁寧に取り組めば、どちらも着実に稼ぐことがでします。

 

ご質問がございましたら遠慮なくどうぞ。

 

ともちでした。

おすすめの記事