PPAPでピコ太郎が稼いだ報酬 便乗して稼ぐためには?

ともちです。

シンガーソングライターのピコ太郎氏。

PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)という不思議な曲でブレイクしました。

もともとミュージシャンのジャスティンビーバーがシェアしたことから、

世界中に拡散したといわれています。

ピコ太郎氏本人も良くわからないうちに世界中に広まったとのこと。

 

ある意味「YouTubeドリーム」を掴んだピコ太郎氏ですが、

実際にYouTubeでどれぐらい稼いだのか。

興味があるところだと思います。

 

PPAPと関連動画を確認したところ、記事執筆時点で

合計1億5200万ビュー

でした。(計算しました)

 

YouTubeアドセンスの報酬額は、目安として、

ビュー数×0.1円

といわれています。

 

ということは、

1億5200万×0.1=1520万円

ということです。

 

この金額を多いと見るか少ないと見るか。

これだけネット以外の露出も増えてきたピコ太郎氏ですから、

YouTubeアドセンス以上の収入を他で得ていくのでしょう。

 

ただ、踊った動画をアップしただけでこれだけ稼げるというのは、

YouTubeのすごいところですね。

 

ここで、

「儲かってうらやましいなー」

と考えるだけで何もしない人は、すっと今の生活から抜け出せません。

「自分も同じように稼ぐ方法はないかなー」

と考えられる人だけ、大金を手にするチャンスが生まれてきます。

 

まあ、なかなか誰にでも真似できるものではありませんが、

YouTubeで稼ぐための2つの方法があります。

1.動画を流用(引用)作成してYouTubeにアップして稼ぐ

2.動画まとめサイトを作って動画を作らずに稼ぐ

 

このどちらも、動画作成のセンスなど一切不要で稼げる方法です。

やりかた自体もそれぞれ確実な方法があって、

1の動画流用(引用)については

「エビルユーチューバー」

2の動画まとめサイトについては

「MGA」

 

まともに取り組めば、月間何十万から何百万円というレベルなら狙えます。

 

ともちでした。

おすすめの記事