YouTubeアフィリエイトは過渡期なのか?

ともちです。

世の中のどんなビジネスモデルでも、

  1. 新しいビジネスモデルが登場する
  2. ビジネスモデルが認知される
  3. ビジネスモデルが広がる(一般化する)
  4. ビジネスモデルが衰退する(替わりのモデルが登場する)

の繰り返しです。

 

アフィリエイトの手法もビジネスモデルです。

トレンド、PPC、Twitter、Facebook、まとめサイトにキュレーション、

メルマガ、LINEなどなど。

ドッグイヤー・マウスイヤーなんて言われた「ネット業界」のことですから、

流行り廃りのサイクルは他の業界と比べてかなり早いです。

 

そんな中、2014-2015頃に本格化したYouTubeを利用したアフィリエイトは、

2016年には有名YouTuberたちの活躍もあり、完全に一般化しました。

 

YouTubeアフィリエイトには大きく2通りの手法があります。

  • YouTube動画に表示されるAdsense広告で稼ぐ方法
  • YouTube動画からLP(ランディングページ)などに誘導する手法

です。

どちらの方法が良いとか悪いとか、そういう話ではありません。

この2つの手法は全く異なるものだということをまず理解しましょう。

 

Adsenseで稼ぐタイプなら、初心者でも即座に始められます。

あとは動画をどのように作るかです。

完全オリジナルの動画をアップしているアフィリエイターのほうが

少ない状態なので、ある意味心配はありません。

手間をかけず、なおかつ人気の出る動画の作り方は、こちらが詳しいです。

>邪道YouTuber(エビルユーチューバー)

※邪道といっても、犯罪行為ではないのでご安心を。

 

YouTube動画からLPへの誘導というのは、

厳密にはYouTubeを集客目的のみで使う手法です。

特定のページに誘導して、情報商材などを販売したり、

メールマガジンの登録を促したり、そういった目的で利用する手法です。

こちらがまさにその方法です。

>GigaTube(ギガチューブ)

 

  • 「YouTubeは以前ほど稼げない」
  • 「ライバルが増えて大変」

というようなことを言われることがありますが、

昔も今も、

単に動画をぽんぽんアップしているだけでは絶対稼げない

ということは変わりません。

  • とにかく露出を増やしてAdsenseで稼ぐのか
  • YouTubeを集客に使って他で稼ぐのか

をはっきり決めてから取り組みましょう。

 

ともちでした。

おすすめの記事