YouTubeとブログの根本的な違いと3つの活用方法

ともちです。

あなたは普段、YouTubeをご覧になっていますか?

 

実際に、youtube.comにアクセスして動画を閲覧しなくても、

ウェブサイトやブログに埋め込まれた動画は良く目にしますよね。

 

本来ネットメディアと競合するメディアであるテレビでも、

ニュース番組でYouTubeを紹介しています。

バラエティ番組でもよく目にしますね。

面白動画を紹介するコーナーとか。

 

YouTubeがテレビで取り上げられることの意味

 

ここで触れたいのは、YouTubeのコンテンツ力ではありません。

YouTubeが一般社会に浸透した(しつつある)という事実です。

 

ニュース番組や、ゴールデンタイムのバラエティ番組に登場することで、

YouTubeはウェブのことなんて良くわからない、

おっちゃん・おばちゃんや子供にまで存在が認知された

ということです。

 

これは、インターネットが一般化した1990年代にもあった動きです。

「どうもこれからはインターネットの時代らしい」

と考えた当時のおじちゃんおばちゃんが、電気屋さんに

「インターネットください!」

殺到したのは、有名な笑い話です。

 

YouTubeが一般化したことによるユーザーの行動の変化

 

つまり、これまで何か調べ物をする際に、

Googleで検索して、ヒットしたウェブページに移動する

という行動だけだったものに、

Googleで検索して、ヒットしたYouTube動画に移動する

という行動が加わったことになります。

 

この行動の変化を、アフィリエイトを取り組む上で

どのように捉えたらよいのか、考えてみます。

 

動画と文字情報との根本的な違い

まず先に伝えるべき大事なことは、

動画と文字情報は根本的に情報伝達の特性が違う

ということ。つまり、

動画は「表現」は得意ですが「説明」は苦手

という点です。

 

「深い赤色」とか「すばやい動き」とか「かっこいい」とか、

形容詞で表現される特徴を伝えるのは動画のほうが得意です。

逆に、スペックなどの詳しい説明は文字情報のほうが得意です。

 

テレビショッピングなどを例に取ればわかりやすいでしょう。

商品名から始まり、商品の特長・スペック、価格が説明されますが、

結局購入の決め手にしているのは、

「安い」「期間限定」

といった情報ではありませんか。

 

テレビショッピングで購入した人にスペックの詳細を質問しても、

たいした情報は頭に入っていないと思います。

こういった、

動画と文字情報の特性の違い

を理解する必要があります。

 

YouTube動画をアフィリエイトに活用する方法

動画と文字情報(サイトやブログ)の違いを理解したうえで、

実際にどのようにアフィリエイトで活用するのか。

 

YouTube動画に一切取り組まない

というのは、ひとつの考え方ですが時代の流れを考えても

純粋に機会損失となるので得策ではないと思います。

ですが、

YouTubeに100%のリソースを投下する

というのは、

動画の特性を考えると危険な気がします。

 

YouTubeを使ったノウハウはいくつかリリースされていますが、

大まかには、

 

  1. YouTube動画単体で稼ぐ
  2. YouTube動画からサイトに誘導して商品購入につなげる
  3. YouTube動画からリストを獲得してDRMを仕掛ける

 

の3パターンかその組み合わせが多いようです。

 

パターン別に解説していきます。

 

1.YouTube動画単体で稼ぐ

YouTubeにAdsense広告を表示して、閲覧者のクリックにより広告収入を得る手法が中心になります。

動画さえあれば、Adsenseのアカウントに紐付けるだけなので、もっとも簡単に始められます。

 

ただ、Adsenseは1クリックあたり数十円という広告単価なので、5閲覧数が見込める動画を準備するか、動画を量産しないとまとまった収入が得られません。

 

2.YouTube動画からサイトに誘導して商品購入につなげる

現在、ブログでアフィリエイトをしているなら、

ぜひ検討してみてほしい手法です。

 

紹介する商品そのものの紹介をYouTubeで行ない、

ブログページにも組み込むというのが王道の使い方です。

 

関連動画をYouTubeにアップして、

チャンネルの紹介ページから誘導するという方法もあります。

 

あくまでキャッシュポイント(利益を上げる場所)をブログに設定し、

YouTubeの表現力と集客力を生かすという手法です。

 

3.YouTube動画からリストを獲得してDRMを仕掛ける

一番高度なノウハウですが、もっとも大きく稼げる方法です。

 

1.2.段階を経て実施されるのが一般的ですが、

YouTubeコンテンツを見たユーザーをファンとして取り込んでしまい、

メールマガジンなどで継続的に販促するというものです。

 

やりやすいジャンルとそうでもないジャンルがありますが、

つぼにはまれば、家が建ちます(笑)

 

アフィリエイトでYouTubeに取り組むにはどうすればいいか

 

YouTubeのアカウントを取得

動画を閲覧するだけではなく、動画をアップロードするには、

YouTubeアカウントが必要です。

これはGoogleのアカウントと連携できるので、すぐに済みます。

 

Adsenseのアカウントを取得

YouTubeにAdsense広告を表示させるなら、アカウントが必要です。

ブログ用などですでにアカウントを持っていれば、

同じアカウントを使用できます。

 

ブログを開設(任意)

YouTubeからブログに誘導するのであれば、ブログが必要になります。

ブログがなければ、無料ブログでもよいので開設する必要があります。

 

メール配信サービスの導入(任意)

DRMまでを視野に入れる人は中級者以上が中心なので、

このブログを読んでいないかもしれないですが、

ファンを囲い込んでメールマガジンで情報を配信するには、

メール配信サービスを導入する必要があります。

 

無料のサービスもありますが、機能面に制限があるため、

有料のものほうが検討するほうが良いです

エキスパートメールなどがおすすめです。

 

YouTubeアフィリエイトにどのように取り組めばよいか

YouTubeアフィリエイトについて解説してきたわけですが、

YouTubeアフィリエイトは、動画制作というハードルがあります。

 

一般的に考えられているほど大変なものではありませんが、

手早く作成できるようになったり、効果的な映像を作成するには

ある種のノウハウがあります。

 

ノウハウを知らずにYouTubeアフィリエイトに取り組むと、

やたらと手間をかけて、コスパの悪い動きになってしまったり、

逆に誰も興味を示さない動画を量産する羽目になります。

 

私の説明である程度把握できた方は、

すぐに取り組んでいただいても良いかとは思います。

そうでない方は、1つでいいので教材の入手をおすすめします。

 

今のところ、おすすめの教材はこちら。

エビルユーチュ-バー

 

Adsense中心の手法から、ブログをキャッシュポイントにする手法の

ノウハウが中心になっている教材です。

 

レビューも書いているので、読んでみてください。

YouTube トレンドマーケティングのレビュー

 

ぜひYouTubeアフィリエイトで収益アップを図ってくださいね。

 

ともちでした。

 

ともちへの質問や問い合わせはお気軽にどうぞ。

基本的にすべてのメールに返信します。

お問い合わせフォームはこちら

 

banner_ml

おすすめの記事